上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l l top ▲
どうも最近ネタが薄くなっているな。

アバンで「イケメンパラダイス」とか「セーラー服と機関銃」とか、

アニメ関係でなければあまり苦情が来ないのだろうかな。


貴嶋サキが久しぶりの登場

西沢歩のひさしぶりのまともな登場

一番肝心なポイントは

伊澄のブルマ姿っ!

今回はこれさえあれば、ほかは何もいらない(断言)

というか、ほかに何も取り得のない回でした。


タッチなかんじの先輩やらマネージャーやら

巨人の星やらあしたのジョーとか

まあ、なんとも無難な。


エヴァの残酷な天使のテーゼにひっかけたネタがあったりもしたけど、

ただパロディーをつっこめばいいもんじゃないし。


最後のナギとハヤテとマリアの腕がぐにゃぐにゃになっているのが、

まったくもって意味不明だ!

作画のクオリティーも話のクオリティーも低くて、

どーでもいい回でした。

今日の朝にやっていたゲゲゲの鬼太郎 第45話「ネコ娘騒然!?妖怪メイド喫茶」の方が、

よっぽとおもしろかった。

うーん、つぼみちゃん(CV.中原麻衣)がよかったですね。

この回だけ録画しておきたかったな。


ヒナギクの登場がないことに絶望した!

スポンサーサイト
2008.02.17 Sun l ハヤテのごとく l コメント(1) l トラックバック(3) l top ▲
CMの「ハヤテのごとく! お嬢様プロデュース大作戦」のことなんだけど

ナギの「どこを触っているのだ」の恥ずかしがっている様子とか、

ヒナギクに「なんのつもり」と怒られたり、

これって、なんかそっち系のゲームみたいな感じがするのですが……

なんかええのう。

でも、絶対に地雷なゲームなんで手は出しませんが(笑)

ポリゴンというところでかなりやばし。


今回は前回(第44話 就職率120パーセントの謎(仮))と打って変わって、

アニメネタがほとんどなし

次回予告にハヤテがなにやら叫んでいたのは、相変わらずネタはわからなくて、

ネタらしいネタといえば、

「歌舞伎役者から分かれてからひときわ輝いていますね」

おそらくは、サトエリのことだろうか?

毎度のパロネタを期待している人間としてはちょっち物足りぬ。


結局、マリアさんはすごい人だということで終わった。

それにしても、あの灰色の服はマリアの私服だろうか、

地味だ。

地味すぎる。

水着も地味だったし。

せっかく、数少ないマリアさん話だというのに!

「2月のビックイベントといえば、もちろん豆まき以外ありえないじゃないですか」に絶望した!

2008.02.10 Sun l ハヤテのごとく l コメント(2) l トラックバック(13) l top ▲
「男なら全ヒロイン同時攻略だ!」

マリアさんから観たハヤテのイメージは、こんな鬼畜でした。

という話だったのかな?


今回のヒナギク様の登場は、オープニングとエンディングとCMのみでした。

いやーマリアさんの着物姿というか、袴姿というか、

ブリトニーはいい感じでした。

さらに雪路の「練れば練るほど~」ねるねるねーるねの魔女は懐かしいというか、

あの変なお菓子まだ販売しているのだろうか。

実際あのCMは洗脳されるほどよく観たけど、実際に食べたことないし。

オチは

子猫の一生というわけで。

どこで泣けばいいんだ!(笑)


ハヤテが漫画賞をとった漫画は

咲夜に「手堅すぎて逆にむかつく漫画」とか

マリアに「かわいい絵なのになにか不健全なにおいがする」とか

伊澄に「最初からうけを狙っている感じして」とか

ナギに「媚びる振りをしてバカにしている作風」とか

散々ずたずたに言われていましたが、

すげーすげー

いろいろな超人がいてるし

バッファローマンとかテリーマンとペンタゴンを組み合わせたヤツとか、

スプリングマンやらステカセキング、

さらに悪魔将軍!

ただ、なつかしい。


アニメスタッフがいろいろなアニメキャラになっていたのはわかるけど。

いきなりニア・テッペリンとか

ネコ娘(新型のゲゲゲの鬼太郎)やら

エルルゥ(喋り方はアルルゥ)などなど……

あとはちょっとわからないな。

なんかどこかで観たことあるようなないような。


なんの脈絡もなく生徒会3人娘が出てきたのは、CDの販売のためだったかな。


とらのあややゲーマーズも一瞬ちらりとあったのにもかかわらず、

アニメ店長はちゃんと関智一が演じていたことから

これはアニメイトからの了承を得ているのかな。

世紀末伝説マジカル☆デストロイの歌に絶望した!

2008.02.03 Sun l ハヤテのごとく l コメント(4) l トラックバック(13) l top ▲
渋いぜクラウス!

テロリストの銃をものともしないし、

溺れていたハヤテを助けているし、

でも、シーンそのものはなかったけどね(笑)


あのタイタニック、あれってクルーザーなのか、

見送りもエキストラ、

乗客もエキストラ、

やっぱ金持ちはすごいなーと

そんなことよりも、

咲夜の格好すごくないですか!

ボンテージというか、なんというか、

露出も高いし(アイキャッチがまたすばらしい一枚でした)

首輪と腕輪に鎖がつながっているぞ!

一体なんのプレイだ!?

ファンにはたまらなく、

そうでない人にもたまらない。


仮面のテロリストたち(ナギ曰く「ロボットアニメからなにも学ばんボケども」

ラウ・ル・クルーゼ(SEED)シュバルツ・ブルーダー(Gガンダム)まではわかるけど、

あと1人の蝶のやつはわからないな。

おそらくガンダム関係者だと思うけど。


タイタニックやらディカプリオやらで、今回も細かいネタがいくつかちりばめられているご様子で、

伊澄にはベルダンディー、ハヤテにはリュークがついていたし。


次回予告について

就職率120パーセントの謎(仮)

伊澄の「このアニメをつくっている……」のあとのセリフが気になる。

おそらく、このアニメをつくっているスタッフの多くが、

民事再生法を受けた例の専門学校に通っていたとことなのだろうけど。


「次回もハヤテのごとくに テックセッター!」

宇宙の騎士テッカマンブレードってことで、

テッカマンブレードは観たことがないけど、どこかで聞いたことがある。

本編にヒナギクの出番がないことに絶望した!
2008.01.27 Sun l ハヤテのごとく l コメント(4) l トラックバック(24) l top ▲
ハヤテという名前がついた理由が、

「借金取りから、疾風のように逃げられる強い子に育って欲しいから」

という。

まあ、理由はともかくハヤテという名前は、良い方ではないかと、

本当に借金から逃れたいならば、「踏み倒し」とか「自己破産」とか「公的資金の導入」に絡めた名前にしそうなものだから、まだマシなほうかと。

最近の若い親がつける名前なんて、人の名前としてどうなのだろうかと疑問に思えるものがあったりなかったりしますから。

「全米が泣いた!」

「5分に3回笑わせます!」

「早くもアカデミー賞、絶望」


 ……一体どんな、話なんだろう。

今回、理解できたパロネタは、

ひのまるボックスからリアルケロロが出てきたり、

さりげなく、音速丸と元太の置物がちらりとあったり、

伊澄にモスラが怖いものだったり、

といったところかな。


ヒナギクのサービスショット

マニアにはたまらないっ!

白ビキニ姿のヒナギクに踏みつけられているような一枚

なにやら、白皇学院とは異なる制服を着た一枚

本編にヒナギクが出ていないと、

サービスショットが出てくるような気がする。

すっごく、満足です!


「ここらで一杯お茶がこわい」

アニメで落語ネタとはこれまた渋いというか、

あまり見かけないような気がする。

饅頭こわいぐらいはなんとなくポピュラーでぎりぎりセーフだろうか。

一応「ドンペリこわい」と雪路がなんの脈絡もなく登場させたことで、

勘のいい人には、わかってもらえる配慮をしているのかな。


ナイスタイミングとかなんとか言っていたのだから、

オチはなんとなく想像できるのだが、

もうすこし、ナギとワタルの過激なシーンがくるかと思っていたが、

手を握っていただけとは……

まあ、朝の番組だからこんなものかな。

乙女心に鈍感って、これって弱点になるのだろうか。

他のハヤテのごとく!の感想ブログを読む

2008.01.20 Sun l ハヤテのごとく l コメント(6) l トラックバック(30) l top ▲
タイトルからして、さよなら絶望先生のネタが満載の回かと思って、

ちょっと期待したりもしたけど、残念。


雪路が別人28号みたいになってしまったのはともかく、

10年前のヒナギク萌えるっ!とか、

そんなことよりも、

「あたり前田のクラッカーよ」が気になってしょうがなかった。

これって、アニメネタじゃないよな、たぶん。

それでも、なんかちょっとよく聞くフレーズだけど。


基本的に、今回はごくごくふつうにまとまった回だった。

ところどころネタがあったような、なかったような感じもしたけど、

ほとんどわからなかった。

せいぜいサキがマリアに渡していた紙袋に

タマがトラ柄のビキニをつけていた「うるさい人達」ぐらいが

かろうじてわかったぐらいかな。

あの中身のいったいなんだったのだろうか。

ぱっと見た感じでは、レトルトのカレーのような気もしたけど、

スナック菓子だったのかな。


牧村が

「先生の仕事って思っていたよりハードで……」

とか何とか言ってたけど、

回想シーンで、

先生の仕事が何ひとつ出てこなかったけど。

すべて、雪路のパシリをやらされていたような。


雪路だけのキャラソンだけでは売り上げ立てることは難しいらしく、

カップリング曲にヒナギクも入れたそうな。


次回予告のハヤテの最後のひとことは、全然わからなかった。

いやーアニメってまだまだ奥が深いですね。

他のハヤテのごとく!の感想ブログを読む

2008.01.13 Sun l ハヤテのごとく l コメント(4) l トラックバック(27) l top ▲
 イナーシャルドリフト!

 ブースト!

 これはサイバーフォーミュラーネタかな。

 謎の黒い車のエンジン音がサイバーっぽいと感じたのは俺だけか?

 それにしても、ネルフじゃなくて、「HURO」って一体なんだろうか。


 二人乗りしていても私有地だから道路交通法にはひっかからないとか、

 首都高買い取ったから道路交通法にはひっかからないとか、

 法定速度ぎりぎりで走っていますとか、

 なんか、しなくてもいい言い訳ばかりしていたけど、そこまで用心深く配慮しなくてはならないのだろうか、最近のアニメは。

 だったら、イニシャルDとは、結構やばすぎる気がするのだけど。

 イニシャルDといえば、

 ハヤテは自転車付き屋形車で、ハチロクみたいに溝にタイヤをひっかけてコーナーを攻めてましたな。


 前半戦は数々のネタが散りばめられていたけど、

 今回のメインは後半パート!

 愛沢咲夜の服を着たままの温泉シーン!

 咲夜の濡れた服───────────────!

 というわけで、

 咲夜に萌えますた。

 以上っ!


 次回予告の最後にハヤテが

ハヤテのごとくに ジャックオン!」

 と言っていたが、

 これは、おそらく機甲警察メタルジャックかと、

 だとしたら、かなり古いネタだ。

 他のハヤテのごとく!の感想ブログを読む

2008.01.06 Sun l ハヤテのごとく l コメント(6) l トラックバック(24) l top ▲
 やはり、最終回というのはガセだったことにまず一安心。

 ……ただ、今回のクオリティーをみる限りでは、今日で最終回でも別によかったのかもしれないが。


 あー、なんだろう。

 最終回、最終回とはやし立てたわりには、

 たいしたフォローもなく、騒ぎ立てた割には……な作品の出来でした。


 今までにない、観るに耐えない動画のクオリティー

 さすがに、要所、要所ではちゃんとした作画をしていたのだが、もーなんだろう。

 絵のひどさをグレンラガン風にすることによってごまかしているのが、痛々しい。

 なんか、パクリ対策のためにグレンラガンのスタッフを入れたみたいだけど、

 こっちはグレンラガンが観たいのではなく、ハヤテのごとくを観たいだけであって、

 多少パロディーを入れるのはいいが、あんな露骨なことされても……

 話の内容もたいしておもしろくなかった。

 姫神とか出てきて話が盛り上がっているかなと思って、かなり期待していたのに

 残念。


 話の出だしにおいて、

「ひとこと相談でもあったのならともかく……」

 クラウスがつぶやく寂しげなひとこと、

 これが今回の見所だったと思う。

 ハヤテがはじめて屋敷に来たときの感情とは明らかに異なる、クラウスの心の変化のあらわれである重要なシーンを

 ナギのわけのわからないドラゴンボールでのつっこみで台無しにしてしまった。

 まー、これを観たとき、今回の話は期待できないな

 と思っていたら案の定でした。

 メイド服だし、ゴールドセイントだし……


 だいたい、負け犬公園の自動販売機の前での「あたたかい」のくだりは

 本当の最終回にやったほうがまとまりがよくていい感じだけど、

 あの話の流れからは、強引に挿入してしまっては感動も半減。

 いくら、そこだけ作画クオリティーを上げてもダメダメです。


 まあいろいろ言ったけど、来年に期待します(笑)

 いや、マジで。

 他のハヤテのごとく!の感想ブログを読む

2007.12.23 Sun l ハヤテのごとく l コメント(13) l トラックバック(22) l top ▲
 三千院帝にたいして、ナギが放った一言

「おまえなんか戦神丸といっしょにしばらくどっかで修行でもしとけ」

 あー、シバラク先生(CV:西村知道)がらみの「魔神英雄伝ワタル」ネタですな。

 いったい、何年前のネタだよ!
 ……確実に10数年以上……それがわかる俺って_| ̄|○


 ガガガガガガガガ……の

 いろいろ檜山ネタは、まーどうでもいいとして、

「ファイナルハンマー承認!」はもうすこし勢いがあるように叫んで欲しかったが、

 あんまりやりすぎるともまずいのだろうか。


 プリンセス・ゴッドこと姫神茜。

 いままでも色々なところで名前だけは出ていたが、ついに登場した。

 いや、第34話「なぜ死んだ?!学院文化祭・後編」にもゴミ箱に捨てられていた「マジカル☆デストロイ4」を拾っていた謎の人として登場していたけど。


 クラウスが姫神をがみがみと言っているシーンのどさくさにまぎれて、

「磔になっている謎の白いやつか、だったら槍をつけろ槍を!」

 などど言っていたが、あの仮面はエヴァネタだったのか!?

 あのひとつ目の仮面のデザインからして、ナディアのガーゴイルかと思っていたのだけど。

 わからないから、あとで他のブログをくぐってみよう(笑)


 なにはともかくとして、

 下ネタ台詞のない岩田光男の声というのは、久しぶりに聴いたような気がする(笑)


 それにしても、やたら先行最終回、最終回と言っているので、

 ほんとうに最終回なのかどーか、不明。

 嘘でも、本当でも、とくにおもしろいネタとは思えないのですが。


 他のハヤテのごとく!のブログを読む


2007.12.16 Sun l ハヤテのごとく l コメント(4) l トラックバック(36) l top ▲
 タイトルになにかネタが含まれているのかいないのか不明だけど

 ベッドで寝ているナギの身長が伸びている

 というつっこみはさておき、


 今回の話は

 金持ちの娘が、一般人の生活を体験して驚くという

 コテコテかベタベタな、アニメ・漫画にはよくありがちな話である。


 3点限定、18金XPS360……って

 しかも500万円 !?

 高すぎ & 18金である意味がねー!


 今回の見どころは、ナギと西沢さんの入浴シーンだろう。

 さすがに朝の時間帯のアニメだけあって、肩までしか出ていないのだが。

 はじめっから期待なんかしていないのだけど。

 ナギが髪を下ろしているのはめずらしくないが、

 西沢さんが髪をおろしているのを観るのははじめてで、新鮮だった。

 ……ぶっちゃけ咲夜とかぶってないか!?


 尺余りレギュラーキャラ救済コーナーって、

 素直にバラせばいいってもんじゃないと思うのだけど

 あまりにも意味なさ杉!

 まぁ、ハヤテのごとくだからしょうがないか。


 他のハヤテのごとく!のブログを読む


2007.12.09 Sun l ハヤテのごとく l コメント(0) l トラックバック(18) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。