上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l l top ▲
 クラウスにクローズアップ

 だけど

 今回は、

 タマの属性が、両刀使いだったということが判明したことでもなく、

 雪路が世界史を教えていることが判明したことでもなく、

 クラウスがナギに「引退してもいいぞ」と言われ、

 自分の存在価値を見失って、本当に三千院家の執事を引退しようとするが、

 最後にナギに必要とされて、結局三千院家にとどまることでもなく、


 今回のメインテーマは

 ヒナギクによるチュンリーのコスプレ!

 この一点に尽きる。


 あの一瞬の時間に表示された絵こそ、

 朝起きてハヤテのごとくを観た甲斐があるというものである。



 ……俺、人としてやばいかも_| ̄|○ せっかくの休日なにやってるんだ。



 それにしても、

 ロンギヌスの槍ディラックの海サルベージ……

 懐かしいエヴァ単語集の数々

 ひさしぶりにATフィールドみたよ(笑)

 ハヤテにベルダンディーのコスをさせて、名乗る名がハーマイオニーって……

 いちいち、ネタが細かい。


 しかし、いまどきブラジルの農園主って、

 団塊の世代の海外移住ってのは最近の流行だけど

 ブラジルってのは聞いたことないなー。

 ……いや、流行りだしているのか!?

 ハヤテのごとくの他の記事をみる

2007.12.02 Sun l ハヤテのごとく l コメント(0) l トラックバック(5) l top ▲
 タイトル長っ!

 久しぶりにマリアさんにクローズアップっ!

 オープニングのナギによるセーラー服コスによるスポーツタオル差出シーンに萌え

 マリアさんの赤面する表情に萌え


 話に内容はほとんどないにもかかわらず、観て損した感はなし。

 ただ、どーしてもマリアさんが17歳とは思えません。

 絵もなることながら、

 田中理恵の声のトーンが、20代女性ぐらいだし。



 「月刊 素敵なアニキ」について

 いまどき、ベットの下に家族にはみせられない雑誌を隠しているやつがいるとは思えんのだが。

 あまりにもあたりまえすぎて、かえって見つかる可能性が高し。

 タマって、そっち側だったのか!?

 そのわりには、女装したハヤテやら、西沢歩に襲いかかっていたけど。



 あちらこちらで、なにかしらのネタが入っているらしいのだが、

 今回はなにもわからない。



 というわけで、

 今日は朝っぱらから彼女、彼氏を誘い出して、ロマンチックなデートに出かけてはいかがですか

 まぁ、お相手がいればの話ですが、

 お相手が!

 

 ……俺は、ゲーセンやネットカフェで1日過ごすとしよう。

  管理人と同志の方はこちらで応援を

 なんかさみしくなってきた。


2007.11.25 Sun l ハヤテのごとく l コメント(0) l トラックバック(6) l top ▲
 なんだかねー。

 すぐにコミケネタを出したがるというのは。

 おそらく、制作サイドでアニメファンを喜ばせようとかなんとか思っているのか知らないけど、

 はっきり言って、いいかげんコミケネタは食傷ぎみです。

 それとも、ほかにネタがないのか。


 でも、イタ車(アニメの絵が描いた車)を出していたのは、あまり観ないパターンでした。

「アニメ好きなひとの車って、みんなあーなんでしょ」

 と、いうヒナギク様のひとこと

 うあー、だったら俺も自分の車になんらかの装飾を施さねばっ!

 けっこう、金がかかるのが問題なんだけど。

 ちょっと前に「chu×chuアイドる」のイタ車が繁華街を走っていたのを観たことがあったが、ものすごい注目を浴びていたな。

 まあ、「chu×chuアイドる」は、パソコンゲームなんで、一般人はおろか、その筋(ヲタ)のひとはあまり多くはないだろうけど、

 一発で、アニメヲタであると多くの通行人にバレてしまうはずだ(笑)

 あのイタ車を観て以来、一度やってみたい反面、やってしまうと後々大変であるに違いない。



 ただ、なんとなーく、「もえたん」の絵があちらこちらに配置されていたのは、気のせいか。

 ロンドロープのCMがあったりもしたけど、

 別にあんなもの、マーケティングしたとは言えないほどの広告だし、

 生徒会全員の超はずかしい格好のメイドカフェをひらくとか言ってたけど

 そんなこと朝のアニメ時間帯にできるわけないし、

 同人誌の発行部数対決かと思いきや

 同人誌販売店と執事喫茶の売上対決だし、


 マジカルデストロイが、ゴミ箱に捨てられていたシーンは観ていてちょっとせつない。

 ここで、捨てられていた同人誌を拾ったひとが、伏線なんだろうな。

 顔は見えなかったが、左の髪を編みこんだ特徴的な髪型は、たしかオープニングに出てたな。

 あれは、オープニングアニメだけのイメージだと思っていたが、そうではなかったのか。


 最後のオチは、マリアさんが最強だったというわけで。


 ……超恥ずかしいメイド服って、あれってフリルがついたビキニなだけじゃん。

 
 
 ▼本日もクリックお願いしますっ!
 にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ

2007.11.19 Mon l ハヤテのごとく l コメント(0) l トラックバック(5) l top ▲
 ついにやってしまったかという感じもするのだが、

「私のルルちゃんをこんなアニメに使うなんて許せない」と怒り心頭の方

 もしくは、大いに楽しんだ方、いろいろいるとは思うが、

 管理人は、ギアス発動まで気づかなかったのが、少々悔しかった。

 途中までは、なんか置鮎龍太郎っぽい声だなと思ったりしていたのだが、

 まさかゼロだったとは!?

 まさに「絶望した」という思いだ。
2007.11.12 Mon l ハヤテのごとく l コメント(0) l トラックバック(0) l top ▲
 ナベシンはともかく、

 冒頭のシーンのタマがハヤテに

「愛しているぜ、ブレンダ」と耳元でささやくシーンにやられました。

 ディランだ! 

 ディラン・マッケイっ!

 ビバヒル、キタ----------------------------------------------!

 この台詞に小杉十郎太の低音の声、これはまさに「ビバリーヒルズ高校白書」または「ビバリーヒルズ青春白書」のディランですな。

 アニメネタじゃないんですけど。

 なんとなく懐かしかったので、満足です。

 それにしても、西沢さんを皆勤賞にさせるのは、なにか意味があるのだろうか。


 ★にほんブログ村ランキングに参加、はじめました。
 他のハヤテごとくのブログへ
2007.11.08 Thu l ハヤテのごとく l コメント(0) l トラックバック(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。